60秒解説

ゼロからモノを生み出す楽しさ

フジ技研を支える「女性パワー」


 1988年の創業以来、自動車の開発支援会社として、試作車の部品・検具・治具の設計製作、金属部品の金型の設計製作などを中心に事業を展開するものづくり企業「フジ技研」(三重県いなべ市)。あらゆる部門で女性が活躍するようになり、事務職から製造現場へ異動を希望する女性も多い。

女性が不利なく働ける現場

 同社は、ものづくりの現場では女性の力が欠かせないと考え、いち早くITやロボットを導入。工場内は機械による自動化を進め力仕事を減少させることで、女性が不利なく働ける環境を実現。
 制度面では家庭の状況に合わせた育産休の取得制度や、月1回好きな時に休日がとれる「セレクト休日」などを導入。また、女性社員全員を対象に、外部講師によるキャリアアップセミナーを実施するなどスキルアップにも力を入れている。
 現在、女性社員比率は約26%、女性管理職比率は約4%だが、いずれも40%にすることを目標に、さまざまな施策に取り組んでいる。

多様な人材の活躍後押し

 中部地域は、日本のものづくりをリードする地域として発展してきただけに、日本がさらに競争力を発揮する上では、同社のように女性をはじめとする多様な人材が活躍する企業がより多く生まれることが期待される。
 中部経済産業局では、ものづくり企業で働く女性とそれを支える企業を応援するため、「ものづくり女子の活躍応援サイト」を運営している。この中では女性が活躍する企業の経営者や企業で活躍するロールモデルとなる女性、そして理系女性(リケジョ)からのメッセージをはじめ、女性の活躍に取り組む中部のものづくり企業を紹介している。研修やイベントなどの情報も発信しているのでぜひ、ご覧いただきたい。

【関連情報】

フジ技研 紹介ページ
ものづくり女子の活躍応援サイト

ゼロからモノを生み出す楽しさ

記事が気に入ったらいいねしてください! METI Journalの最新情報をお届けします!