60秒解説

おもてなし規格認証の最高位「紫認証」

Pocket
LINEで送る


 国内事業者のサービス品質を「見える化」するための制度である「おもてなし規格認証」について、有償認証を含む4つの認証があることは、以前の60秒解説で取り上げたとおりである。この4つの認証のうち、最高位にあたる「紫認証」を取得した事業者が増えている。

4段階のトップクラス

 「おもてなし規格認証」は「紅」「金」「紺」「紫」の4段階認証となっており、最高位となる紫認証は、定められた規格30項目のうち「既に実施している取組」が24項目以上該当する必要がある。また、その取り組みの成熟度についても認定機関から審査を受ける必要があるのだ。

他の事業者よりも優れている点は

 紫認証を取得した事業所は、他の事業所と比べて
〇サービス提供に必要な設備・マニュアルなどによる仕組みづくりがなされている
〇顧客満足度向上のための独自の取り組みを行っている
〇人材育成など、サービス品質の向上への取り組みを継続的に実施している
〇業務効率化のための独自の取り組みを行っている
といった点で優れている。

さらなるサービス品質の「見える化」を期待

 今回の認証取得事業者は、城崎温泉にある創業150年以上の老舗旅館、グローバルな総合情報発信拠点、地域密着で運営するスポーツクラブなど5事業所となっている。2018年に紫認証を新規に取得したのち、2019年に更新取得した5事業所と合わせて、現在では10事業所が紫認証を取得したことになる。さらなるサービス品質の「見える化」が進み、サービス産業の活性化や、生産性向上につながることを期待したい。

【関連情報】

おもてなし規格認証の最高位「紫」認証の5事業所が新たに発表されました

サービス品質のさらなる「見える化」へ

おもてなし規格認証

Pocket
LINEで送る

記事が気に入ったらいいねしてください! METI Journalの最新情報をお届けします!