60秒解説

モットーは「技術を楽しむ」

システム開発のライオンパワーを支える「女性パワー」


 「技術を楽しむ」をモットーに一貫型生産システムを手掛けるものづくり企業「ライオンパワー」(石川県小松市)。創業時より製造現場を女性が管理し、女性の技術者を育成する社風として知られ、現在では事務系だけでなく、製造現場や設計、営業など、ほぼすべての部門で女性が活躍している。

無理なく長く働く

 子育てなどとの両立支援に配慮するため、それぞれの家庭の事情に応じて育児休暇の期間や出勤体制の希望に耳を傾けるなど、柔軟に対応できる環境を整備している。
 女性が長く、無理なく働き続けられる環境づくりを推進するとともに、サッカーのプロコーチを務めた異色の経歴を持つ高瀬敬士朗社長自身の経験を活かした社員研修も実施。能力開発などを通じ女性のキャリアアップを支援。今後は、経営にも積極的に参加してもらいたいと考えている。

多様な人材の活躍後押し

 中部地域は、日本のものづくりをリードする地域として発展してきただけに、日本がさらに競争力を発揮する上では、同社のように女性をはじめとする多様な人材が活躍する企業がより多く生まれることが期待される。
 中部経済産業局では、ものづくり企業で働く女性とそれを支える企業を応援するため、「ものづくり女子の活躍応援サイト」を運営している。この中では女性が活躍する企業の経営者や企業で活躍するロールモデルとなる女性、そして理系女性(リケジョ)からのメッセージをはじめ、女性の活躍に取り組む中部のものづくり企業を紹介している。研修やイベントなどの情報も発信しているのでぜひ、ご覧いただきたい。

【関連情報】
ものづくり女子の活躍応援サイト

ライオンパワー紹介ページ

記事が気に入ったらいいねしてください! METI Journalの最新情報をお届けします!