60秒解説

知的財産権の活用でビジネスを有利に

Pocket
LINEで送る

 
 知的財産権を活用することで、新たな市場獲得や販路拡大につなげることができ、世界を舞台に活躍することも夢ではない。知的財産権活用企業事例集には、夢の実現に近づくためのヒントがつまっている。

まだまだ活用されていない

 知的財産権は、競争力を高めるために有効な手段であるが、知的財産権を活用してビジネスを展開している中小企業は、まだまだ少ない。
知的財産権を取らなかったために、他社に先に権利を取られたり、模倣品が出回ったりしてしまい、自社製品の名称変更が必要となるケースや販売利益が減少してしまうケースなど自社のビジネス展開に影響が出たとの中小企業の声もある。

活用の具体的事例

 事例集には、知的財産権をうまく活用して市場を拡大するなど、ビジネスを成功させた中小企業の52事例を掲載している。
 例えば、特許権を取得していたため、金融機関が事業性を高く評価してくれ、工場建設のための資金を円滑に調達することができた食品加工機メーカーや、多額の開発費を投入して開発した製品の模倣品が、日本に輸入される直前に、税関で意匠権に基づいて差し止めることができ甚大な模倣品被害を回避することができた精米機メーカーなど等身大の企業が経験した実例を紹介している。

成功事例、失敗事例をヒントに

 類似した課題を抱える他社がどのように知的財産権を活用したのかを参考にすることは、自社のビジネスを成功に導く近道となる。事例集は、知的財産権を活用して、何をきっかけに、どう取り組み、どのような成果を得たのかを分かりやすく紹介している。中小企業の皆様の新たな取り組みを成功させるためのヒントとして、手に取っていただきたい。

「知的財産権活用企業事例集2018」掲載企業例


【関連情報】
「知的財産権活用企業事例集2018」を刊行しました

Pocket
LINEで送る

記事が気に入ったらいいねしてください! METI Journalの最新情報をお届けします!