METI Journal

経済産業省

投資家も注目!技術革新の担い手、大学発ベンチャーを表彰

 「大学発ベンチャー表彰2018~Award for Academic Startups~」の表彰式が開催され、大学発ベンチャー7社とその支援大学・支援企業が表彰された。

大学は技術革新の源泉

 米国では新産業が、シリコンバレーやボストンのような地域において大学から生まれている。最近では、中国をはじめとするアジアでも、大学は技術革新の源であり新産業を生み出す基盤となっている。そういった大学の研究成果等を具現化したのが大学発ベンチャーであり、新市場の創出を目指す「イノベーションの担い手」として期待されているのだ。

大学発ベンチャー支援を促進

 大学発ベンチャーのプレゼンスの高まりを背景に、大学などにおける研究開発成果を用いた起業および起業後の挑戦的な取り組みや、大学や企業から大学発ベンチャーへの支援を促進するため、2014年に大学発ベンチャーを表彰する制度を創設した。 経済産業省でも、大学発ベンチャーデータベースの構築や大学発ベンチャーの好循環を目指した「大学発ベンチャーのあり方研究会」発足など、多方面から支援を実施している。

次世代AIアルゴリズムに期待

 今回、経済産業大臣賞を受賞したエイシングは、独自のAIアルゴリズム(計算手法)「Deep Binary Tree(DBT)」を開発・活用する岩手大学発ベンチャーである。DBTは、学習精度が高く、軽量のリアルタイムAIを提供でき、今後は製造業のスマート化やIoT向けのエッジデバイス等において活用が期待されている。

    
    

 今や大学発ベンチャーは2000社を超えるが、今後も持続的に生み出せるよう、引き続き支援していく。

関連情報

「大学発ベンチャー表彰2018」受賞者が決定し、表彰式を開催します!

大学発ベンチャー表彰(JST)

大学発ベンチャーデータベース

大学発ベンチャーのあり方研究会

あわせて読みたい

【地域未来牽引企業】100年企業「きしろ」の技術

60秒解説

【地域未来牽引企業】100年企業「きしろ」の技術

中小企業向け人材育成プラットフォーム「ビジログ」

60秒解説

中小企業向け人材育成プラットフォーム「ビジログ」

【地域未来牽引企業】インフラ老朽化対策の切り札に

60秒解説

【地域未来牽引企業】インフラ老朽化対策の切り札に

一目でわかる避難誘導表示

60秒解説

一目でわかる避難誘導表示

困った時、頼りになる中小企業向け支援機関

60秒解説

困った時、頼りになる中小企業向け支援機関

【地域未来牽引企業】使い手に寄り添うものづくりの原点とは

60秒解説

【地域未来牽引企業】使い手に寄り添うものづく...