大臣出張・表敬

ベルギー王国に出張しました

Pocket
LINEで送る


世耕経済産業大臣は、3月9日~11日の日程でベルギー王国(ブラッセル)を訪問しました。今回の訪問では、ライトハイザー米国通商代表、マルムストローム欧州貿易担当委員と個別に会談を行うとともに、昨年12月に、世耕大臣の呼びかけにより初めて開催し、今回2回目となる三極貿易大臣会合に出席しました。同会合では、産業補助金に対するルールの強化の検討やWTO紛争解決手続における連携など、第三国による市場歪曲的措置の排除に向けた共同アクションに合意しました。

     

ライトハイザー米国通商代表とは、232条に関して、遺憾の意を伝えるとともに、同盟国である日本の鉄鋼・アルミが米国の安全保障に悪影響を与えることはなく、米国の産業や雇用にも多大な貢献をしていることを説明し、対象からの除外を働きかけました。

      

マルムストローム欧州貿易担当委員とは、232条に関して、鉄鋼製品の世界的な過剰生産問題や第三国の市場歪曲的措置の是正に取り組むことが問題の本質であり、対抗措置の応酬はどの国の利益にもならないと説明しました。

関連情報
世耕経済産業大臣がベルギー王国へ出張しました

Pocket
LINEで送る

ベルギー王国に出張しました

記事が気に入ったらいいねしてください! METI Journalの最新情報をお届けします!