統計解説

製造工業の生産計画 8月、9月は前月比上昇も回復ペースは緩やかに

コロナ前の水準にはなお遠く


 本年8月上旬に実施した、8月、9月の企業の生産計画を調査した、生産予測調査の結果である。
 8月の生産計画については、調査結果そのままを集計すると、前月比4.0%の上昇を見込むという結果になっている。ただ、この企業の生産計画には上方バイアスが含まれている。この8月計画値に含まれるバイアスを過去の傾向に基づき補正して、8月の鉱工業生産の実績を推計試算してみると、最頻値では前月比マイナス1.7%程度の低下、90%の確率で収まる範囲はマイナス2.6%~マイナス0.7%の間、という計算結果となっている。
 ただし、ここ最近、5月の生産実績までは、製造工業生産予測調査の計画値と実績値のかい離(実現率)が大きめになる傾向が続いていた。このため、過去の傾向に基づき算出された上の試算値については、計画値からのマイナス幅が大きくなっていることが考えられる。他方で、6月以降、生産が回復局面に入る中、実現率のマイナス幅が縮小しており、鉱工業生産もここ2か月、試算値を大幅に上回る上昇が続いていることを考えると、8月の生産もこの試算値までは計画値から低下せず、7月比上昇となる可能性を考慮した方がよいと考える。
 一方、9月の生産計画は、補正前の8月計画値から前月比1.9%上昇する計画となっている。上に述べた企業の生産計画の上方バイアスも考えると、それほど高い上昇見込みではない。
 このように企業の生産計画からは、鉱工業生産は、8月、9月と上昇の可能性もあるものの、7月ほどの勢いはなく、上昇するとしても上昇の勢いは緩やかになる可能性が高いと考えられる。また、このところの感染症の感染再拡大の影響についても注意してみていく必要がある。

8月計画は9業種で上昇

 8月の生産計画では、全体11業種のうち、9業種が前月比で上昇、2業種が低下となっている。輸送機械工業、汎用・業務用機械工業、化学工業などが上昇寄与業種として挙げられる。
 他方、低下寄与業種は、生産用機械工業、パルプ・紙・紙加工品工業となっている。

9月計画は7業種が上昇

 9月の生産計画では、全体11業種のうち7業種が前月比で上昇、4業種が低下となっている。輸送機械工業、電気・情報通信機械工業、パルプ・紙・紙加工品工業などが上昇寄与業種となっている。
 他方、低下寄与業種は電子部品・デバイス工業、汎用・業務用機械工業、石油製品工業などとなっている。

8月、9月の計画を通してみると

 8月、9月の2か月の生産計画による業種ごとの生産予測の伸び率を通してみると、以下のグラフのようになる。
 8月は幅広い業種で上昇が見込まれるが、9月は多くの業種で上昇幅が縮小ないし低下に転ずる計画であることがわかる。

 なお、仮に企業の生産計画通りの前月比で生産が行われると、8月の鉱工業生産の指数値は90.1、9月の指数値は91.8となる。
 なお、8月計画に含まれるバイアスを過去の傾向に基づき補正すると、上述のようにやや下方に補正され過ぎている可能性に注意する必要があるが、8月は最頻値で前月比マイナス1.7%低下となり、その場合の指数値は85.1となる。
 仮に企業の生産計画通りに生産されても、9月の指数値91.8は、3月の指数値95.8は下回る程度の水準であることから、実際には、9月までみても、本年3月の生産水準までの回復も難しいところだ。生産は当面、復調が続くことが期待されるが、感染症の拡大以前の生産水準の回復にはまだ時間を要しそうである。
 5月まで大幅低下が続いていた鉱工業生産は、6月以降、上昇に転じているが、企業の生産計画からは、8月、9月は7月より上昇の勢いは緩やかになっていくことが想定され、生産は、今後も当面低い水準が続くものと考えられる。また、感染症の影響についても引き続き注意してみていく必要がある。

【関連情報】

結果概要のページ

参考図表集

マンガ「ビジネス環境分析にも使える!鉱工業指数(IIP)」